スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

9月, 2016の投稿を表示しています

いまどきのオムレツ

このところ、イタリア料理店やバスク料理店でフォアグラ入りやらトリュフがけのメニューにひかれてオムレツを注文するんだけれど(糖質制限中なのでやむなくそっちに目が向く)むかしのオムレツのイメージとはずいぶんと違うのね。自分が調理師学校で習ったころは、外側は火が通っていて中がトロリって感じやったけど、いまどきは全体がふわトロで、形もキレイなオムレツ状じゃなくてハナタレ餅みたいなん。やっぱりフライパンをトントンしてたら火が通り過ぎるんやろね。ということでまかないでもこのタイプのオムレツに連日チャレンジ中。生のトマトをサッと炒め煮にしたシンプルなソースがよく合いますわ。

レトロビルでボルダリング

朝は晴れていたが西からどんどん雲がやって来て、どうもクライミングエリアの山間部は昼から天気が怪しい、ということできょうのクライミング講習は中止になった。ちょっと気が抜けて、どういうわけか、しばらくご無沙汰していたボルダリングジムにでもいってみようか、という気持になった。が、会員になってる大手のジムは子供やら若者があふれていてなんか落ちつかんしなぁ(身の軽い子供がやってるの見るとやる気が消滅するし…)。ネットで検索したら、ボルダリングジム、出るわ出るわで、もう無数にある感じ(笑)。とにかく家から歩いていけるいちばん近い本町のジムにいってみることにした。場所は丼池の繊維問屋街のまっただ中のかなり古いビル。ジムは5階、といっても屋上に建て増しされたプレハブの中にある。真夏はそうとう暑くなりそうだが、大きなクーラーが2台も設置されてるからだいじょうぶなんだろう。壁はいろいろと傾斜が用意されていて、とりあえずハングしていない課題に取りつく。足が自由な初級のルートはなんとかクリアできるが、足限定の中級ルートになると案の定お手上げ状態。まあ、いつものことなので、とくに変化なし、って感じ。1時間ほどみっちり登ったら肩が痛くなってきてギブアップ。そうそうに帰路につく。



この古いビル、エレベーターがないのでレトロな階段を一階づつ昇り降りしていくのだが、舶来の服飾店やら革靴のオーダーができる店やら、テナントもかなりオシャレな感じ。ついつい良さげなLEITH(made in England)のボーダーTシャツに手を出したらけっこうな出費となった。危ないボルダリングジムだわ。



ANGLEPOISE 1227 mini wall

台所のリフォームもスケジュールがきまれば作業開始というところまできた。いろいろあって、思いついてからずいぶんと時間がかかったけれど、まだまだ紆余曲折はあるかも。きょう、一足さきにANGLEPOISEのウォールランプが到着。シェードはダールも愛用していたデスクライトの1227とおなじもので(ただし、いまは生産国はイギリスではない模様)スクエアなベースになんとスイッチ付き!。照明器具だけ眺めてニヤニヤしているのもそうとうヘンやけどね。